河山めだかのブログ

趣味のメダカ飼育まったり10年。三色メダカと幹之メダカが好き。

メダカのプラ舟水槽用に投げ込み式フィルターを自作してみた

更新日:

どもども、100均アイテムde自作大好き、河山めだかです。

メダカの飼育容器として使ってる40Lプラ舟に投げ込み式フィルターを設置しようと思い、セリアとダイソーに行って良さそうな物がないか物色してきました。

投げ込み式フィルターを使うと、物理ろ過と生物ろ過が働いて、飼育水が良い感じになるらしいです。バクテリアもいい仕事してくれるみたい。詳しく知りたい方は検索してみてください(丸投げ

3年前にも同じものを作ったことがあるので、今回はサクサクっと作れました

それではどうぞ↓

750㎖と800㎖のタッパー容器をチョイス。2個で100円が購入の決め手。

黒いほうが良いかなと思ってラッカーで二度塗り
穴開けたら塗料剥げました。ダメやん…
あかん…

ということで、塗装してない容器に適当に穴開けました(^^;

小さい穴はインパクトドライバーで、中心の穴はテーパーリーマで簡単に開きます。この小さい穴から水を吸い込みます。

   



次は、水を吸い上げる部分の作成↓

本当は漏斗(じょうご)で下の写真のように作りたかったけど、1個100円もしたので今回は購入見送り。

漏斗の代わりに家に余ってた塩ビ管を使ってみました。適当な長さにカットして、下の部分に穴を開けます↓ 少し上にあけた穴はエアーチューブの通り口。

↑ 塩ビ管デカすぎて、容器の穴をあけるのに苦労しました(^^;  もう少し塩ビ管長くてもよかった。

↑ 写真のような感じにエアホースを通してプラストーンをセット。バリが気になる…

ろ材は以前に買ってたものを使用。

↓ろ材はこんな感じで詰めると良い感じ~(3年前の写真があったので使ってみました(;'∀')

化石サンゴをつめつめ
ろ過材をつめつめ
物理ろ過用にウールマットを一番上に
完成!

↓今回は適当に余ってたろ材を詰めてウールマットを上に敷いて完成! 化石サンゴの代わりに牡蠣殻入れてみた。イイネ!!

試運転。たぶん成功。

早くも実践投入! まずはMIX水槽へ。これで水換えの頻度が減れば良いのですが…

注意点ですが、メダカ稚魚やエビ(ビーシュリンプ)水槽にこの投げ込み式フィルターを使うと、穴から容器の中に入り込んで死ぬことがあるので、使用は成魚水槽だけにしたほうが良いかもです。

それでは(@^^)/~~

人気ブログランキングに参加しています。
1日1回 メダカ写真を応援クリック↓ よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
スポンサーリンク

-自作, 飼育方法
-, ,

Copyright© 河山めだかのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.